2018年05月16日

日大アメフト部 反則タックルの闇

連日ニュースやワイドショーを賑わせていますね。日大アメフト部の選手が関西学院のQBに危険なタックルをした事について。

動画サイトから火がついて、その批判は徐々に広がり、今やスポーツ庁長官まで巻き込む事件になりました。

ウチの次男も日大ではありませんが、中学から大学付属の学校に通っており、中高6年間ラグビー部に所属していました。
運動部は圧倒的な縦社会。
監督、コーチの命令に逆らえる筈などありません。ましてや、この内田監督は理事でもあり、大学のトップ2と言われている権力者。
コーチだって逆らえなかったものを、20歳そこそこの若者が抗える筈などなかったでしょう

試合後、彼は泣いていた…とも言われています。「責任は全て自分が取る」と言って指示をした監督は雲隠れ中。テレビからは、あの殺人に近い所業(悪質タックル)が繰り返し流れています。

一番心配なのは、関学のQB。
彼が後遺症無く、無事に選手として戻って来るのを祈ります。

でも…でもね、誤解を恐れず言わせてもらえば、あのタックルをした方の選手も被害者だと思うのです。

可哀想だけど、彼の選手生命はこれで終わりました。救済措置は無いと思います。嫌々かもしれないけれど、実行してしまった以上彼は加害者であり、2度と復帰する事は許されないと思うからです。
同情されても、彼の名誉や誇りは戻りません。
輝かしい未来さえも潰されてしまったのではないでしょうか。
悪い言葉で言えば、ヤクザ界の鉄砲玉役みたいに扱われてしまったような…

監督の罪は重いです。
8月までは自粛する…などと言ってる場合じゃないですよ
潔く謝罪して、責任を取って身を引くべきだと思います。アメフト部の監督からも、大学の理事からも。

彼が自分自身でお尻を拭う根性がないのなら、
大学側がやらなきゃ。それも一刻も早く。
権力を恐れている場合ではないです。
この件に関わった上層部を一掃して頂きたい
そうでなければ、あまりにも選手や学生達が可哀想です


lovebetty0318 at 17:18コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
我が家のメンバー紹介
かのん・・・アラカン専業主婦。
細かい事は気にしない性格。
家でマッタリが一番好き。

正(主人)  ・・・ 会社役員。
一言で言うと真面目実直。
極度の潔癖症。

ひな(長女) ・・・先天性重度
心疾患。 2度の手術歴
知的障害あり。
良い意味でも悪い意味でも
我が家のキーパーソン。

ごん(長男)・・社会人2年目、大手証券マン。関西在住。

とん(次男)・・大学1年生、心優しきラガーマン。癒し系。